記者会見する浜松市の新村和弘市議=16日夜、浜松市役所

 浜松市議会事務局の契約するインターネット回線などを使い、アダルト動画を含む動画の違法投稿で小遣い稼ぎをしていた新村和弘市議(47)が17日、辞職した。議会事務局によると、同市議が16日に提出した辞職願を飯田末夫議長が受理した。

 飯田議長は17日、全会派の市議を集めて経緯を説明した。「市民から預かっている税金で行われた。二度とないようにしなくてはならない」と話し、今後、ネットの使用制限を検討する意向も示した。

 新村氏は2〜8月、ネット上のアダルト動画など約100本を動画販売サイトに投稿。ネットのプロバイダー(接続業者)の指摘で発覚した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む