滋賀県警察本部=2020年10月

 滋賀県東近江市の湖東記念病院での患者死亡を巡り再審無罪が確定した元看護助手西山美香さん(41)が県と国に損害賠償を求めた訴訟で県側が再審無罪を否定する書面を作成した問題に関し、滋賀県警の滝沢依子本部長は15日の定例会見で「今後は関係者の心情に留意し、丁寧に対応することを(県警)内部で徹底する」と述べた。

 滝沢氏は訴訟対応や書面の内容に関し「決裁し随時報告を受けていたが(県警側の)主張を正確に表現できていなかった。申し訳なく思う」と改めて釈明。会見に同席した田中敏雄首席監察官は「県警内で必要な手続きをしたが、書面(の内容)の確認が不十分だった」と述べた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む