水澤スカウト(左)から辻監督直筆のサインが書かれた色紙を受け取る黒田将矢投手

 11日のプロ野球ドラフト会議で、青森県八戸市の八戸工業大学第一高校の黒田将矢投手(17)=むつ市出身=を5位指名した埼玉西武の水澤英樹スカウトが14日、指名あいさつのため同校を訪れた。水澤スカウトは黒田について「メジャーの大谷翔平選手と同じように、将来海を渡って活躍できる選手」と述べ、大きな期待感を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から