衆院が解散し、記者会見する大島議長=14日午後

 大島理森衆院議長が、14日の衆院解散に伴い退任した。19日公示の衆院選に出馬せず、今任期で衆院議員を引退する。衆院議長の在任期間は2336日で明治憲法下も含め歴代1位。解散後の記者会見に赤松広隆副議長と臨んだ大島氏は「(解散詔書を)読み上げ(議長席を)降りたとき、寂しさの一抹を感じたのは事実」と胸中を語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から