14日の衆院解散で、青森県の与野党前職4人も再び国会に戻ることを期して走りだした。自民党の前職は「(党公認の)4人全員が胸に議員バッジを着けることが目標」と全勝を誓い、共産党の前職は「何もしないうちに解散した岸田政権は乱暴で民意無視。受けて立つ」と息巻いた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から