東北大会に向け、闘志を燃やす(左から)青森山田・森川、八工大一・砂、東奥義塾・工藤の3主将

 20日から宮城県で行われる第74回秋季東北地区高校野球大会の組み合わせ抽選会が14日、リモートで行われた。青森県第1代表の青森山田、第2代表の八工大一はそれぞれ2回戦から登場し、青森山田は鶴岡東(山形第2代表)、八工大一は酒田南(同第1代表)と激突。青森県第3代表の東奥義塾は、1回戦で大曲工(秋田第3代表)と対戦する。各試合は、入場者の上限(3千人)を設けた上で、有観客とする。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。