衆議院が解散し、事実上の選挙戦に突入した14日、青森県3選挙区に立候補を予定する前職・元職・新人計8人はさらに動きを加速させた。3議席を独占する自民党に、立憲民主党を軸とした野党が一強打破を目指して挑む構図がほぼ確定。野党は1、2区で立民と共産が競合し、3区は自民と立民の一騎打ちが見込まれている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。