青森県は14日、9月に取引が本格化した2021年産県産リンゴの同月の流通実績を発表した。首都圏など県外主要5消費地市場の平均価格は1キロ当たり321円で、平年を10%(29円)上回った。今春の霜害により他県産のリンゴが少なく、上位等級品が多い青森県産の引き合いが強まった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から