今年の新作、赤い顔で包帯を巻いた「ミイラ金魚ねぷた」と、ハロウィーン定番のオレンジ色の金魚ねぷた(いずれも前列)を製作するねぷた村の職人

 青森県弘前市の観光施設・津軽藩ねぷた村(中村元彦理事長)は、ハロウィーンの季節にちなんだ金魚ねぷたを今年も製作している。新作は、包帯を巻いた「ミイラ金魚ねぷた」で、職人が一つ一つ手作り。一昨年から手掛けている、カボチャのオレンジ色をまとった金魚ねぷたも用意し、12日から販売を始めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。