八戸駅東口広場の全景。左側が八戸駅舎
東口広場の整備の方向性について話す馬渡委員長(右奥)

 八戸駅東口駅前広場の整備に向け、青森県八戸市が検討を始めた。バスやタクシー、自家用車が利用する東口広場は車同士の混雑などの問題が発生。現状分析や課題解消を図るため、市は11日、学識経験者やバス・タクシーの事業者、駅周辺地区の代表者などでつくる「八戸駅前広場整備基本計画検討委員会」(委員長・馬渡龍八戸工業高等専門学校准教授)を開いた。来年度に基本計画を作る予定にしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から