ドイツの電力大手RWE傘下のRWEリニューアブルズジャパン(東京)と三井物産、大阪ガスの3者が、つがる市・鯵ケ沢町沖の日本海で、出力最大90万キロワットの洋上風力発電事業を計画していることが13日分かった。青森県日本海沖で同事業を計画しているのは7事業者目。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から