次期衆院選の青森県選挙区で焦点となっていた1、2区での野党候補一本化を巡り、共産党が13日発表した候補者取り下げの対象に青森県は含まれず、両選挙区で野党共闘が成立しないことが確定的になった。青森県選挙区は3区を除き、立憲民主、共産両党が競合した状態で、与党・自民党と対決する構図がほぼ固まった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。