青森県教育委員会は13日、2020年度に県内の公立中学校で不登校となった生徒が、19年度より129人増の1116人となり、過去10年で最多だったと発表した。公立小学校は、過去10年で最多の19年度より1人減の357人、公立高校は29人増の167人で、公立小中高合わせて157人増の1640人だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から