入場規制への協力などを呼び掛ける看板が設置されている蔦沼周辺の国道103号=13日

 青森県十和田市の十和田八幡平国立公園にある蔦沼周辺は14日から紅葉シーズンの渋滞対策期間に入る。蔦沼展望デッキを含む蔦野鳥の森への入場には環境保全協力金を支払う必要があり、紅葉が最盛期を迎えるとみられる16~31日の早朝は予約者しか入れない。市など関係機関は路上駐車しないよう呼び掛けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。