文部科学省

 新型コロナウイルス感染が拡大した2020年度、全国の国公私立の小中学校で30日以上欠席した不登校の児童生徒は19万6127人で、前年度より1万4855人増えて過去最多だったことが13日、文部科学省の問題行動・不登校調査で分かった。小中高校と特別支援学校が認知したいじめは9万5333件減の51万7163件で、13年度以来の減少となった。

 文科省は、いずれもコロナが影響したと分析。「昨春の一斉休校などで生活のリズムが乱れやすくなって不登校が増加したが、いじめにつながる対面での交流機会が減った」としている。スクールカウンセラーの増員など相談体制の拡充を進める。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む