「10X授業のすべて」の表紙

 青森県弘前市の東奥義塾高校の井上嘉名芽(かなめ)教諭(50)が一部執筆を担当した、グーグルのツールを学校の授業に活用するための手引書「10X(エックス)授業のすべて」が夏に出版され、通販サイト・アマゾンの一部ランキングで一時、1位になるなど好調な売れ行きとなっている。教育の情報通信技術(ICT)化が進む中、井上さんは「ツールの使い方は分かっていても、具体的に授業のどの場面で使っていいのか困っている先生のためになれば」と話す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。