全日本女子相撲選手権の無差別級で対戦する今日和(右)=3日、堺市大浜相撲場(共同)

 社会人として最初の大会はほろ苦いものになった。3日に堺市大浜相撲場で行われた全日本女子相撲選手権の無差別級で24歳の今日和(ひより)=鯵ケ沢高-立命館大出、アイシン=は準優勝。昨年春に立命大を卒業し、実業団の相撲部で活動する女子選手として注目される。頂点に届かず「思い描いていたデビューではないけど、関係者の皆さんも実業団で続けていることを喜んでいたのでうれしい」と涙を流した。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から