津軽五所川原駅のホームに展示されている大型立佞武多「纏」の顔と手のパーツ

 7月に解体された大型立佞武多(たちねぷた)「纏(まとい)」の顔や手などのパーツが津軽鉄道の有人駅構内で展示され、乗客を楽しませている。展示は11月初旬まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。