八戸沖で貨物船が座礁した事故で、第2管区海上保安本部は12日、船主側が事故海域に沈んでいる積み荷の木材チップの回収作業を開始したと発表した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から