3年間苦楽をともにした仲間たちから祝福の胴上げを受ける黒田投手=11日夜、八戸工業大学第一高校

 夢にまで見た大舞台へ-。11日のプロ野球ドラフト会議で指名を受けた青森県高校生の2投手は恩師や仲間、家族から温かい祝福を受けた。共に今年の夏は背番号1を背負った大黒柱。長身で速球が武器と共通点が多い。「下北の子に夢と希望を」「勝てる投手になりたい」。1軍で活躍する姿を思い描き、さらなる精進を誓った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。