【東奥義塾-八工大一】東奥義塾打線を5安打完封した八工大一の主戦・廣野
【弘前南-青森山田】5回裏、青森山田2死三塁、馬場の左前適時打で10点目を挙げコールド勝ち

 来年春の選抜高校野球(センバツ)につながる秋季青森県高校野球選手権は第3日の11日、弘前市のはるか夢球場で雨の中、準決勝を行った。東奥義塾-八工大一は、八工大一の主戦廣野風雅が東奥義塾打線を5安打に抑え、5-0で完封勝利を飾った。弘前南-青森山田は、青森山田が弘前南に10-0で五回コールド勝ち。青森山田は初戦から3試合連続完封勝ちとなった。決勝は青森山田-八工大一、3位決定戦は弘前南-東奥義塾のカードとなった。八工大一と青森山田は東北大会出場を決めた。今大会は新型コロナウイルス感染予防のため完全無観客で行っており、決勝や3位決定戦の日時や球場も公表しない。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。