マリエントの秋の企画展を楽しむ親子
大きく口を開けて水ごと餌をたべる「ダトニオ」
「レッドコロソマ」。ペンチのような歯で木の実などを食べる
「ホワイトリボンイール」。白い体でゆらゆら泳ぐ姿が幽霊を連想させる
「アカモンガラ」。ドラキュラを連想させる赤い歯を持つ

 八戸市水産科学館マリエント(吉井仁美館長)で秋の特別企画展「おいしんぼ・くいしんぼ 魚魚(ぎょぎょ)! 海(う)めじゃ~展」と「水の中のハロウィン展」が開かれている。いずれも31日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から