【青森山田-八学光星】8回表、1死二塁、伊藤が左越えに適時打を放ち先制
8回表、1死二塁、伊藤の左越え適時打で二走・山田(奥)がかえり先制
【弘前南-三沢】9回表、弘前南2死二、三塁、戸田が右中間に適時三塁打を放ち5-4と逆転
【野辺地西-東奥義塾】野辺地西に対し計7回を投げ、10奪三振、1失点に抑えた東奥義塾の角田
【五校連合-八工大一】3回裏、八工大一1死二、三塁、葛西の中前打で2者がかえり、3-2と逆転

 秋季県高校野球選手権は第2日の9日、青森市のダイシンベースボールスタジアムと弘前市のはるか夢球場で準々決勝4試合を行った。実力校同士の対決となった青森山田-八学光星は、互いに無得点で迎えた八回、青森山田が伊藤の左越え適時打で先制し、そのまま1-0で競り勝った。八工大一は五校連合に一度は逆転を許したものの、三回に一挙5点を奪うなど10-3でコールド勝ち。弘前南は三沢に4点をリードされて迎えた九回、連打で5得点を挙げ、試合をひっくり返した。東奥義塾は主戦角田が計七回を10奪三振、失点1の力投で野辺地西を8-4で破った。上位3チームに与えられる東北大会の出場権をかけた準決勝の組み合わせは、弘前南-青森山田、八工大一-東奥義塾に決定。今大会は新型コロナウイルス感染予防で完全無観客で行っており、準決勝の日時や球場も公表しない。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から