プロ棋士指導対局会で、行方九段(右)と対局する子どもたち

 高校生以下を対象にした将棋のプロ棋士指導対局会が9日、青森市の日本将棋連盟青森支部道場で開かれた。県内の小中学生16人が参加し、弘前市出身の行方尚史九段から三面指しで指導を受けた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。