高校魅力化や生徒の全国募集などについて話し合ったフォーラム

 青森中央学院大学は9日、人口減少下での教育について考えるフォーラムを青森市のキャンパスで開いた。高校の魅力化とそれに対する自治体の支援、生徒の全国募集などの事例を島根、岩手、山形3県と青森県の関係者が紹介。「生徒の自己肯定感が高まった」といった教育効果を共有したほか、高校を維持することで「20~30年後、地域に大きな力を与えてくれる」と期待する声もあった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から