青森県南部町は8日、2021年産米の生産者概算金の大幅下落を受け、町独自の緊急対策として主食用米作付面積10アール当たり5千円の支援金を農家に給付することを決めた。12月中旬の給付完了を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から