「八戸・勝ち飯」を試食する八戸学院大スピードスケート部の選手
県産食材をふんだんに使った「八戸・勝ち飯」

 青森県八戸市の三八五フーズは食で地元アスリートらを支援しようと、バランスの優れた献立レシピ「八戸・勝ち飯」を味の素(東京)と共同で開発した。5日、同市のYSアリーナ八戸で試食会が開かれ、参加した地元選手ら約20人が、県産食材をふんだんに使ったアスリート食を味わった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。