V-Cupのスマホアプリに関して質問に答える工藤研究管理員(左)

 地方独立行政法人青森県産業技術センター(青森産技)と青森共同計算センターは、県内企業の商品開発企画を支援するiOS用スマートフォンアプリを作り、8日公開した。青森産技弘前工業研究所(弘前市)でアプリの体験発表会を開き、集まった企業関係者やリモートで参加した人が使用方法を学んだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から