「死因を究明することは、死んだ人の生きた証しにもなる」と話す山田敏弘さん

高齢化が進む日本では、自宅など病院以外で人が亡くなり、警察が関与するケースが増えている。だが司法解剖や行政解剖が行われる遺体は少ない。ジャーナリストの山田敏弘さんは、解剖率が英国などと比べて低い上、…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から