コンビニで住民票を取得する下田副町長

 青森県六戸町は1日、マイナンバーカードを使って、全国のコンビニエンスストアなどに設置されている端末「マルチコピー機」で証明書を取得できるサービスを始めた。新型コロナウイルス対策として接触機会を減らすほか、窓口の待ち時間短縮や業務効率化、マイナンバーカードの普及促進につなげる狙い。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から