県南地方に馬専用と畜施設・加工施設を存続させるため、青森県五戸町など5市町村と農家らによる「食肉振興クラスター協議会」が6日、五戸町役場で設立総会を開いた。肉用馬農家として尾形精肉店(同町)が中心となり、同町に2023年3月までをめどに、馬と畜・加工施設の建設を目指すことを決めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から