来春の選抜高校野球大会(センバツ)につながる秋季県高校野球選手権の組み合わせ抽選会が6日、オンラインで行われた。1回戦で夏の県大会決勝のカードと同じ青森山田-弘前学院聖愛が実現。勝者は昨秋の県大会王者だった八戸学院光星と激突する。参加チーム数を制限した影響もあって、青森県高校野球をけん引してきた私立3強が同じブロックに入った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から