核燃料サイクル政策の推進継続を表明した萩生田経産相=5日、経産省

 自民党総裁選で政策の是非が争点化した「核燃料サイクル」を巡り、岸田新内閣で経済産業相に就任した萩生田光一氏は5日、記者会見で「これまでの政府方針に沿って取り組みを進める」と述べ、サイクル政策の推進を継続する考えを示した。プルトニウムを消費する高速炉の研究開発についても「着実に進めることが重要」と強調した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から