2021年産米の仮渡し金「生産者概算金」が大幅に下落したことを受け、青森県は5日、各地域県民局に生産者向けの特別相談窓口を設置した。当面の資金繰りや来年の作付け計画などの経営相談に対応する。同日の県議会農林水産常任委員会で赤平次郎農林水産部長が報告した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から