三内丸山遺跡からの中継を見る青森第一養護学校の生徒たち

 青森県、東京、大阪など15都道府県の特別支援学校21校の約230人が5日、ビデオ会議システム「Zoom」を活用して青森市の三内丸山遺跡を見学した。遺跡からの生中継映像や、ホスト役の青森第一養護学校(同市、小笠原一恵校長)の児童生徒が考えたクイズなどを通して、「北海道・北東北の縄文遺跡群」として世界文化遺産に登録された同遺跡について学び、交流を深めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から