写真や資料を前に、事故の悲惨さを伝える今村さん

 約1150人が犠牲となった67年前の洞爺丸遭難事故を風化させないと、青森市の歴史資料を収集・展示している市民団体「青森まちかど歴史の庵『奏海(かなみ)』の会」は、事故当時の写真約50枚などを集めた写真展を、同市本町の同庵で開いている。30日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から