開示された弘前大の「附属高等学校」設置計画案
2007年に付属高校の設置計画案をまとめていた弘前大学

 弘前大学が2007年、県立高校の活用も念頭に、弘大付属高校の設置計画案をまとめていたことが、弘大への文書開示請求で明らかになった。弘大は、付属高校で青森県の医療や原子力産業などを担う人材を育成し、地域貢献の拡大を目指した。計画は日の目を見ることはなく、既に白紙となっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。