十和田市現代美術館「インター+プレイ」展で展示されているトマス・サラセーノ氏の作品群

 コロナ禍の影響で休館していた青森県十和田市の現代美術館(鷲田めるろ館長)は1日から営業を再開し、同日から企画展「インター+プレイ」第2期を開催する。同館の常設展示作家でもあるトマス・サラセーノ氏の近年の代表作を中心に展示し、人類と環境との関係性にスポットを当てる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。