核燃料サイクル施設が立地する青森県六ケ所村の戸田衛村長は29日、自民党新総裁に岸田文雄前政調会長が選出されたことに「安堵(あんど)している」と所感を述べ、「原子力への国民不信は根強い。政府は必要性や将来展望を丁寧に説明し、揺るぎない政策として位置付けてほしい」と求めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。