町の名産を盛り込んだ送り絵の下絵を手がけた佐々木さん(中)ら

 青森県中泊町の夏祭り「なかどまりまつり」が11日、中里地区で始まった。中里高校の生徒たちは、自分たちで手がけた送り絵がついた同校の小型ねぶた「中里城主 新関又二郎」を引いて祭りに出陣。町中央公民館から町役場まで約2キロを運行し、沿道を盛り上げた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)