むつ市議会は28日、「使用済燃料中間貯蔵施設に関する調査検討特別委員会」を開いた。市は、使用済み核燃料へ新たに課税する市使用済燃料税について、リサイクル燃料貯蔵(RFS、同市)との減免協議を年内に終え、年明けに総務省との協議を開始する方針を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から