日本貿易振興機構(ジェトロ)青森貿易情報センターは28日、2020年の青森県貿易概況を公表した。リンゴやホタテを主力とする農林水産物・食品の輸出額は前年比17.8%減の190億4800万円だった。新型コロナウイルスの影響で出荷量が減少したものの、過去10年の平均(191億円)並みを維持した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。