今季の必勝を願い、神事に臨む(前列右から)ワッツの下山主将、堀田HCら=28日午前、青森市の善知鳥神社
必勝祈願を終え、記念撮影するワッツの選手、スタッフら=28日午前、青森市の善知鳥神社

 プロバスケットボールBリーグ2部東地区の青森ワッツは28日、青森市の善知鳥神社で、10月1日に開幕する2021-22年シーズンの必勝祈願を行った。北谷稔行新社長をはじめ、堀田剛司ヘッドコーチ(HC)、下山大地主将ら関係者約20人が参加し、昨季最下位からの巻き返しとシーズン中の無事を祈った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から