セーリングの世界選手権で日本女子初の優勝を果たし、笑顔で帰国した470級の吉田愛選手=11日午前、成田空港

 セーリングの世界選手権で日本女子初の優勝を果たした470級の吉田愛選手(37)が11日、成田空港に帰国した。長男琉良ちゃんに会うため、ペアを組む吉岡美帆選手(27)=ともにベネッセ=より一足早く凱旋。「難しいと思いながらも、金メダルという目標を胸に秘めてやってきた。感無量」と実感を込めた。

 昨年6月に出産。10月の大会復帰から1年もたたないうちに世界の頂点に立った。手堅いレース運びが光り「メンタルが影響する競技。子どもができて心をコントロールできるようになった」と、精神面の安定を勝因の一つに挙げた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む