JR東日本は27日、新型コロナウイルス禍による乗客減のため、東北新幹線と秋田新幹線の定期列車を11月8日から当面の間、減便すると発表した。対象は東京-新青森・盛岡間の「はやぶさ」5本(うち1本は東京-盛岡間)と、東京-秋田間の「こまち」2本。コロナ禍を理由に新幹線の定期列車を減らすのは初めてとしている。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から