アルペンスキーで北京五輪出場を目指す宇佐美さん(本人提供)

 弘前大医学部在学中、国体や全日本選手権に出場したスキーヤー宇佐美真太郎さん(31)=大鰐スキー倶楽部=が、来年2月の北京五輪出場を目指してトレーニングに励んでいる。青森県で研修医として2年間勤務した後、2020年度から同大大学院を休学し、アルペン競技に専念してきた。現時点で代表入りのハードルはかなり高いが「選手としての自分の限界を知りたいし、そこに挑みたい」。年齢的にも最後となり得る挑戦に全力を注ぎ、医師としての将来に役立てようとしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から