青森県は27日、新型コロナウイルス感染症対策に関する意見を専門家から聞く会議を県庁で開いた。県有施設の休館、県立学校の部活動禁止など、県が9月1日から30日までの期限で実施している緊急対策について、専門家は「状況の改善に、かなりの効果があった」と評価。県は会議で出た意見を踏まえ、28日に開く危機対策本部会議で、緊急対策終了の可否を判断する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から