陸上の全日本実業団対抗選手権最終日は26日、大阪市のヤンマースタジアム長居ほかで行われ、男子110メートル障害は東京五輪代表で今季限りでの引退を決めている金井大旺(ミズノ)が13秒48の大会新記録で優勝した。女子100メートル障害は青木益未(七十七銀行)が13秒34で制し、100メートルとの2冠を果たした。青森県勢は、男子400メートル障害で岸本鷹幸(大湊-法大出、富士通)が50秒39で2位。同5000メートル(タイムレース)で小袖英人(八学光星-明大出、ホンダ)が13分23秒94で6位だった。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から