自民党総裁選で争点化した「核燃料サイクル政策」に絡み、河野太郎行政改革担当相は26日、サイクル政策から撤退した場合であっても、高レベル放射性廃棄物を巡って国と青森県が交わしてきた「本県を最終処分地にしない」との確約は「守らないといけない」との見解を新たに示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から