六ケ所村が開発した住宅地「尾駮レイクタウン」。村はさまざまな助成制度を設け、定住人口維持を図っている=9日

 青森県六ケ所村の住宅リフォーム助成事業が人気を集めている。村は当初、本年度の利用を35件程度と想定していたが、7月末時点での申請が年間見込みの2倍を上回る78件に上るほどの反響で、これまでに補正予算を2度組んで利用枠を計163件分に広げた。助成ニーズの高まりは、村が定住人口の確保に向けて本年度、制度を拡充したことが背景にあるほか、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「巣ごもり」も影響したとみられるという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。